Webマーケターにとって使えるツールLINEがLINEモバイルサービスを開始

Webマーケターは顧客とのやり取りにLINEを用いることが多いですが、WebマーケターだけでなくみんなLINEは使っています。そのLINEが新しくLINEモバイルというサービスを開始しました。サービス名からはサービス内容がわかりにくいですが、月額いくらか支払うとスマホのデータ通信量の制限と切り離して利用できるというサービスです。LINEはいくら使用してもスマホのデータ通信料制限の対象にならないということです。このデータ通信量の制限に苦しめられた経験のあるユーザーは多いはずなので、便利なサービスです。

具体的な月額については、メッセージと通話の組み合わせで変わります。メッセージだけなら500円、通話だけなら620円、メッセージと通話で1200円です。
しかしWebマーケターにとっては正直関係ないサービスになる可能性も高いです。なぜかというと、ポケットWi-Fiをもっている人が多いからです。そもそも携帯回線で利用しなければ関係ないので、普段携帯回線でLINEを使用する人向けのサービスだからです。

その人たちにとっては、ポケットWi-Fiを新規で契約するよりは安いので非常に良いサービスです。しかしスマホのヘビーユーザーならポケットWi-Fiを所持した方が良いでしょう。

以上、蓮見晋平でしたー!

WebマーケターはSkypeのTranslatorを知っていると良いです

こんにちは、蓮見晋平です。

巷では英語力を高めましょうと騒がれています。
これからの時代は英語が必須だ。英語ができなければ国際社会で生き残れないといった内容です。

多くの人がこれらのことを耳にしたことがあるはずです。実際英語ができれば確かに選択肢が増えて自分にとってお得でしょう。
しかし英語はあくまでただのツールなので、絶対的なものではありません。
昔は英語力で食べていくといったような発想も可能だったかもしれませんが、今はできる人も多いのでそれは無理です。

またネットで学習ツールや学習方法もあふれているので、習得が容易です。容易は言い過ぎかもしれませんが、努力次第で誰でも習得できます。要するに昔よりは圧倒的に難易度が低いのです。

Webマーケターは市場を広げるために英語を身に付けると良いです。
ありきたりな表現をすると視野が広がります。英語を読めるとネットでの情報収集も効率が良くなりますし、情報の母体が桁違いです。また単純に市場が広がるのはメリットでしょう。

しかしみんながみんな英語に時間や労力を割けるわけではありません。その場合は代替的なツールを見ておくと良いです。
たとえばSkypeのTranslatorは今後英語力をカバーするツールになりえます。

Spotify、ついに日本でサービス開始か!?

running-og

NewsPicksの独自取材によると、あの定額制音楽配信サービス「Spotify」が、ついに日本でサービスを開始するとの情報が!
業界関係者向けは8月10日にサービスを開始し、一般向けは9月にスタートとのことです。

Spotifyは、2006年にスウェーデンで始まった定額制音楽配信サービスで、
多くのユーザーを持つアメリカでは、他社サービスとも連携するなど、すでにお馴染みとなったサービスです。

NewsPicksによると、日本国内の大手レーベルとはすでに契約済らしく、8月の業界関係者へのサービス開始では、配信準備のできたレコード会社からまず楽曲提供をスタートさせ、国内最大手であるソニー・ミュージックの準備が整う9月に一般向けに正式サービス公開となる予定とのことです。

う〜ん、今回は本気の予感がしますね!ぜひSpotifyの動向をチェックしましょう。
日本にはすでにいくつか定額制音楽配信サービスがありますが、Spotifyはそんな日本でどこまでシェアを獲得できるのか。気になりますね!

蓮見晋平